フォト
無料ブログはココログ

« 人間の計画通りには… この夏の二つの台風に感じること… | トップページ | 早朝から蝉時雨 犬は朝から大樹の影 そして日曜礼拝へ さらに戦中生まれの同級会 »

2007年8月 4日 (土)

「いじめ」は、いかなる理由があろうとも悪である。NHKの課外授業に感動

224_hotta_r1 今日は朝から蒸し暑い。プールへ行こうか、どうしようか雲の多いはっきりしない空を時々ベランダへ出て見上げたりしている時に、居間で誰も見ていないつけっぱなしになっていたTV。NHKの課外授業が目に入った。

「みんなで作る。イジメをなくす憲法」の授業だった。この日の講師は、堀田力(弁護士)。母校である京都市立洛中小学校で行なわれた。ロッキード事件で元・首相を逮捕に追い込んだ元検事の堀田力氏であった。授業のテーマは“イジメをなくす憲法を作る”というものだった。アメリカで育ち、英語しか話せなかった自分の子供たちが、日本へ帰国後にイジメられた経験を持つ堀田氏。

私が最も嫌うのは、自由を縛られることである。狭いものさしで、他者をはかり、いじめや、いやがらせで、弱い立場のものを、自分の枠の中に支配しようとする、連中である。いじめは、いかなる理由があろうとも、悪であるとの結論は実にハッキリしていて心地よかった。

ストレス社会で、多くの人々は、どこかに、その不満のはけ口を求めている。特にマスコミは、その最たる扇動体である。今回の、あの「ばんそうこ大臣」を、世間もマスコミも、自民党も、悪玉にして「いじめ」ているように、私には見える。もっと、その本質を、追求すべきであろう。今回は自殺はしないと思うが、異常で不気味な日本社会である。

さあ、これから私は、限りない自由と解放感を求めてプールへ向かう。水は私の体も心も、ありのままに、受け止めてくれる。水の中の自由である。だいぶ明るさを増してきた伊那高原の空である。

« 人間の計画通りには… この夏の二つの台風に感じること… | トップページ | 早朝から蝉時雨 犬は朝から大樹の影 そして日曜礼拝へ さらに戦中生まれの同級会 »

幼稚園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 人間の計画通りには… この夏の二つの台風に感じること… | トップページ | 早朝から蝉時雨 犬は朝から大樹の影 そして日曜礼拝へ さらに戦中生まれの同級会 »